あさぎり町公式ウェブサイト

あさぎり町コンテンツ あさぎり町コンテンツ一覧を見る

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어

遺族基礎年金について

更新日:2018年9月12日

遺族基礎年金とは

残された「子のある配偶者」や、その「子」が受けることができます。年金手帳のイラスト


受給要件

々駝映金の被保険者期間中の人

被保険者の資格を失ったあと、60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる人

O稽雋霑断金を受けている人

は稽雋霑断金の受給資格を満たしている人

が、亡くなった場合に遺族が受けることができます。


※,鉢△砲弔い討蓮∋猖監の属する月の前々月までに、保険料を納めた期間(厚生年金加入期間などを含む)と免除期間(納付猶予期間・学生納付特例期間を含む)を合算した期間が、加入期間の3分の2以上あること(=保険料納付要件)を満たす必要があります。

ただし、平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

受けられる人

死亡した人によって生計を維持されていた次の人が受けられます。

18歳(18歳の到達年度の末日)までの子がいる配偶者(※夫については平成26年4月1日以降の死亡に限る。)

18歳(18歳の到達年度の末日)までの子。

※子が障がい基礎年金1級・2級の障がいの程度にあるときは、20歳到達まで受けられます。

配偶者が受ける遺族基礎年金の額

 

年金額は779,300円(月額64,941円)プラス子の加算
子の数基本額子の加算合計
 1人のとき779,300円224,300円1,003,600円
 2人のとき779,300円448,600円1,227,900円
 3人のとき779,300円448,600円+74,800円1,302,700円

※配偶者が受ける場合は、第1子・第2子にそれぞれ224,300円、第3子以降それぞれ74,800円が加算されます。

子が受ける遺族基礎年金の額

 
子の数基本額子の加算合計1人あたりの額
1人のとき779,300円779,300円779,300円
2人のとき779,300円224,300円1,003,600円501,800円
3人のとき779,300円

224,300円+74,800円

1,078,400円359,466円

※子が受ける場合は、子が2人以上いるとき第2子に224,300円、第3子以降それぞれ74,800円が加算され、子の人数で割った額が1人あたりの年金額になります。

窓口・申込み場所

町民課・役場各支所または年金事務所

費用・手数料

無料

受給要件・支給開始時期・計算方法については、日本年金機構のこちらのページをご覧ください
請求書方法などについては、日本年金機構のこちらのページをご覧ください

追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

あさぎり町役場 町民課
電話番号:0966-45-7213この記事に関するお問い合わせ