あさぎり町公式ウェブサイト

あさぎり町コンテンツ あさぎり町コンテンツ一覧を見る

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

令和2年度のスタートにあたって

更新日:2020年4月2日

 中国武漢に端を発した新型コロナウイルス感染症は、今や世界中で大流行しており、日本でも首都圏を中心に感染者が増加傾向にあるなど、未だ終息の兆しが見えず様々な分野で影響が出ている状況です。

 本町でも、飲食店や農業といった町の重要な産業の分野で売り上げ減少など深刻な影響がでており、感染防止対策はもとより経済対策も町の対策本部で対応しているところです。

 町民のみなさまにおかれましては、公共施設の使用制限などご不便をおかけしますが、引き続き感染防止に取り組まれますとともに、売り上げの減少をどうにか打開しようと頑張っておられる飲食店や農家への「みんなで食べて応援しよう!」のご支援をお願いします。

 さて、令和2年度がスタートしました。就任から2年目となる本年度は、計画から実行に移す最も重要な年度と考えており、あさぎり町が持続可能な町として継続できるよう様々な事業を展開していきます。

 令和2年度からの主な事業として農業振興とスマートウェルネスシティへの取り組みがあります。

 農業振興は、町が中小企業診断士と契約し町内農家の経営状況を診断、農家が事業拡大、承継、廃業など今後どの方向に向かって事業展開をすれば最も有利かということを伴走型で経営支援を行います。また、診断データをもとに、外部の様々な専門家で組織するシンクタンクを組織し、あさぎり町の農業振興策について提案をいただき、球磨農業研究所を拠点として後継者育成や、より稼ぐための農業に関する研究などを行う予定です。また、あさぎり中学校に農業研究クラブを立ち上げ、将来のあさぎり町の農業を担う人材の育成も始める予定です。

 農業はこれからIoTやAI(人工知能)、ロボットを駆使した「スマート農業」と言われる時代がやってきます。あさぎり町でもこの流れをしっかりと見据え、時代の流れをうまく活用した稼げる農業、担い手の育成に積極的に取り組みます。

 健康で元気に暮らせること。すなわち健康であることは、生きがい・豊かな生活、医療費の抑制と、個人と社会の双方にとって大いにメリットがあります。健康に関心のある町民だけでなく、町民誰もが参加でき、生活習慣病予防や介護予防を可能とする取り組み、そこに暮らすだけで「健幸=健康で幸せ」になれるまちづくり「スマート ウエルネス シティ」を推進していきます。

(1)体力を作りながら観光もできる町内を一周するサイクリングコースの設定、(2)家族や住民が集いスポーツや健康づくりができるあさぎり駅前整備、(3)家族や友人グループが楽しいひと時を過ごせる岡留公園整備など様々な事業への取り組みを開始し、「健幸=健康で幸せ」なまちづくりを目指します。

 重ねてとなりますが、新型コロナウイルス肺炎に関しましては、球磨人吉地域に感染者は出てないものの、全国的には増加傾向にあり予断を許さない状況となっています。どうか引き続き感染防止に取り組まれますとともに、冷静な判断でデマ情報等により慌てることが無いようお願いします。

令和2年4月1日         

あさぎり町長 尾 鷹 一 範


お問い合わせ

あさぎり町役場 企画政策課
電話番号:0966-45-1111

-

この記事に関するお問い合わせ