あさぎり町公式ウェブサイト

あさぎり町コンテンツ あさぎり町コンテンツ一覧を見る

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

免田式土器擬(本目遺跡出土)

更新日:2018年5月9日

免田式土器擬阿亮命免田式土器(本目擬)という弥生時代後期の壷形土器で、全高13.5センチメートル口径7.6センチメートル程度、胴部11.5センチメートルを測る。

胴部上半に重弧文帯があり、複合口縁壷の小型の器形が特徴的で、胴部はソロバン玉形。

口縁部と胴下半部に補修の跡がある。

この土器は、下乙の本目遺跡付近で採集された。

指定区分

町指定有形文化財

名称

免田式土器擬(本目遺跡出土)

種別

考古資料

所在地

免田西 下乙

その他

くまがわ鉄道免田駅から南西へ4.5キロメートル

宣徳寺所蔵


お問い合わせ

あさぎり町役場 教育委員会
電話番号:0966-45-7226

-

この記事に関するお問い合わせ