あさぎり町公式ウェブサイト

あさぎり町コンテンツ あさぎり町コンテンツ一覧を見る

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

免田式土器I式2号(市房隠遺跡出土)

更新日:2018年5月10日

免田式土器擬阿亮命全高9センチメートル、胴部径8.4センチメートルのミニチュア土器で、頚部が欠損しているが、胴部に重弧文帯がある。

免田式土器(本目I式)という弥生時代後期の土器。

八幡町の市房隠遺跡付近で採集された。

昔この地は馬立原といい上り下がりがある急坂であって通る折りに市房山が見え隠れしたことにちなんで市房隠とつけられた。

指定区分

町指定有形文化財

名称

免田式土器擬2号(市房隠遺跡出土)

種別

考古資料

所在地

免田東 大正町

その他

くまがわ鉄道免田駅から南へ徒歩3分

遍照寺所蔵


お問い合わせ

あさぎり町役場 教育委員会
電話番号:0966-45-7226

-

この記事に関するお問い合わせ